お知らせ


高齢者向けの施設を探す時のガイドライン

内容については修正、加筆が随時行われます


  1. 高齢者施設に入居する際には目的や事情を考慮し、入居されるご本人の意思を尊重しなければなりません。また事業者側で入居ガイドラインを設定しているケースもありますので利用対象者のになるかを確認する必要があります。
  2. 施設からの審査もあります。入居予定者との面談のほか体験入居が必要な施設もあります。健康診断や、通院している病院からの診断書(診療情報)などが必要です。介護保険サービスを利用している方はサービスの移行があるためケアマネジャーからの情報が必要です。
  3. 医療依存の高い方や持病によっては主治医や医療機関との連携を重視しなければなりませんが、施設では対応できない、もしくは入居できても病気の進行によっては、短い期間の入居になる可能性もあります。
  4. 入居時に、日割りの当月と翌月の家賃(利用権)、施設の種類によって室内のカーテン(防燃仕様)、照明器具、敷金、保証金、入居一時金、不動産会社への礼金なども必要になります。
  5. 毎月の費用として家賃(利用権)、管理費、光熱費、生活消耗品、施設が設定した生活支援サービス費や任意契約の追加サービス費、介護保険サービス利用負担費、医療費などが必要です。

鹿児島市と近郊の高齢者向け施設の種類と説明

ご入居の基準は目安です。

ご相談の方には施設の選び方をアドバイスします。施設のご紹介もいたします。


  1. 健康な方から要介護2位までの方が対象、鹿児島市内に15施設。ほとんどが社会福祉法人。
  2. 建物内はバリアフリー、エレベーター付きが原則。一部施設には共同浴室あり。
  3. 室内には基本的にトイレ、洗面台、クローゼットが備わっており、IHキッチン、バス、洗濯機パンの設備が付いている施設あり。
  4. 利用料金は前年度収入に応じてスライド、保証金30万円~50万円(敷金の性格)。
  5. ご自分で食事、移動、トイレ排せつが可能であること(車いす自走は施設ごとに相談)。
  6. 洗濯、掃除などは外部の介護保険サービスを利用することが可能。
  7. 一部の施設は介護付認定を受けて施設内で介護保険サービスを提供。

  1. 健康な方から要介護2〜4位までの方が対象(一部施設は外部の介護保険サービスを利用して要介護5まで対応)
  2. 運営は専門の一般企業から他業種からの参入、医療法人とその傘下企業など。
  3. 建物はバリアフリー、エレベーター付き、室内設備は賃貸アパート、マンションとほぼ同じ。夜間は宿直者が緊急コールの対応を行う。各室への見守りは無い。
  4. 利用料金は家賃と生活支援サービス費(外部との取次、生活相談、病院連絡等)、管理費(共用部分の維持費等)
  5. 他に自室の光熱費、生活消耗品、食費(選択式)、施設独自のサービス提供(オプション)
  6. デイサービスやヘルパーステーションなどが併設されている施設もある。

  1. 要介護1から要介護5まで(介護状況や医療処置が必要な場合退去になるケースがある)
  2. 日中は看護士が常駐し、24時間の介護職員を配置するのが一般的。生活支援や移動、トイレ、食事の介助を行い、介護保険サービスを併用してデイサービス、ヘルパー利用などを組合せる。
  3. 生活リハビリによる体力維持、口腔ケアで誤嚥を防ぐなど入居者の体調に合わせた介護サービスの提供を行う。
  4. デイサービス併設や居宅介護支援事業所、訪問介護併設もある。

  1. 自立の方から利用できるのが介護付き有料との違い。
  2. 介護サービスが必要になったら入居を続けたまま施設内もしくは指定の居宅介護支援事業所を通して介護保険サービスを受ける。
  3. 外見、室内設備はマンションと同じ、食事やサービスが自由に選択できる分費用は高め。
  4. 定員が100名以上の大きな施設が多い。
  5. 終身利用権として一時金が必要(400万円~数千万円)。
  6. 一時金は規定年数で償却される(規定年以内の退去時は残金が返却)。

  1. 要介護1から5までの方対象。施設によっては要支援からの利用可。
  2. 定員29名以下の地域密着型とそれ以外の小規模の施設がある。
  3. デイサービスがないだけで内容は住宅型とほぼ同じだが介護を重視した人員を配置。
  4. 介護保険サービスを施設内で提供するため、提供サービスが一貫しており安心感がある。
  5. 介護保険利用料が含まれるため料金は高めでも介護保険負担額が低いため介護度が重くなると他の施設と変わらなくなる。
  6. 外部の介護保険サービスを利用することはできないが医療保険のマッサージは可能。

  1. 要介護1から(一部では要支援2から)自宅での生活を続けることが困難になった認知症の診断を受けた方が、自宅に近い環境の中で職員の手助けを受けながら共同で生活する施設。
  2. 5人から9人が1つの生活グループになる(9人で1ユニット)
  3. 認知症の専門職員が対応するが、大声を出して暴言を吐いたり、自傷や他人への暴力など共同生活に向かない方の利用はできない。
  4. 医療依存が高くなると退去となる。 
  5. 地域密着型が多いので、市外から転入する際には確認が必要。 

  1. 自宅での生活が困難になり、生活環境が生死にかかわる方を優先に、要介護3以上を目処として、入居可能。
  2. 基本的に要介護5を優先して、数か月ごとに開かれる判定会で入居者を決定。
  3. 利用料金は収入と介護度に応じてスライドし、多床型、従来型個室、ユニット型準個室、ユニット型個室の順に高くなる。


介護保険を利用して滞在利用できる施設

  1.  ディサービスを中心に自宅での生活を重視しつつ訪問による介護サービスの提供と介護家族の負担軽減として施設の泊りを組みあわせて利用。
  2. 可能な限り自立した生活が送れるように、利用者の選択に応じて施設の通いを中心にし、自宅への訪問や短期間の宿泊が可能。24時間365日の対応。
  3. 規模は1事業所あたりの利用者登録人数が29名以下、通いサービスにかかる人数は18名以下以下の定め有。
  4. 地域密着型のため利用するためには居住地の施設に申し込み。
  5. 施設のケアマネージャーがケアプランを作成。

  1. 利用するためには、介護保険の被保険者で要介護認定を受け要介護状態であること(特定疾病の方は40歳以上も可)
  2. 病状が安定していて入院治療がない要介護1から5までの方が自宅や住居型施設で生活するためにリハビリテーションが必要であること
  3. 病気治療後、自宅に戻れるまで(在宅復帰)の体の機能回復を行う中間施設。3か月ごとに身体状況の見直し。
  4. 短期間利用のショートスティも可。
  5. 施設選びの際に留意することとして、入所された方の洗濯などは家族が行わなければならない場合もあるので、施設がどこまで対応しているのか確認が必要。

介護保険を利用して通う施設

  1. 要支援の方が利用できる予防通所介護と要介護から利用できる通所介護がある。
  2. 認知症対応型から、体力維持トレーニング、リハビリ重視など多様なタイプがある。
  3. 担当ケアマネジャーと相談して自分に合う施設を探す必要がある。
  4. 定員18名以下は地域密着型。

※地域密着型とは市町村の指定を受けた施設がその地域の住民のみを対象に、介護サービスを提供します。

施設が地域住民のニーズをとらえてきめ細かいサービスを地域に合わせて提供できるように設けられた制度です。


  1. ディケアは利用者が自宅から通いながら医師の指示のもとに心身機能の維持回復を図る施設。
  2. そのためほとんどの施設は病院や老人健康保健施設が運営。
  3. スタッフには理学療法士作業療法士言語聴覚士の資格を持った職員とリハビリ経験のある看護師など。