高齢者用施設の種類

住まいとして利用できる施設

  1. ケアハウス        ※主に社会福祉法人が運営する軽費老人ホームの一種、他に行政が運営する低所得世帯を対象とした施設があります。
  2. サービス付高齢者向け住宅     ※民間事業者が運営する高齢者向けの有料賃貸住宅。入居には現住所地で制約があるのか確認が必要。
  3. 住宅型有料老人ホーム(介護付き有料老人ホームや混合型有料老人ホーム含む)※民間事業者が運営するホーム。入居条件や利用金額がそれぞれ異なる為、建物の造作や環境を含めて確認が重要。
  4. グループホーム        ※入居するには介護認定が必要、介護認定の程度や現住所地で利用に制限があるホームなどの確認が必要。
  5. 特別養護老人ホーム        ※要介護3以上で在宅による生活が困難な方が対象。要介護1や2でも特例で対応できる場合もあり。施設の判定会議において、緊急度の高い方を優先的に受け入れる。

病気などで衰えた身体の機能を回復するために一時的に利用できる施設

  介護老人健康保健施設(老健)※65歳以上で介護認定が必要

自宅から通って健康維持や機能訓練など行う施設

  1. デイサービス(通所介護)
  2. デイケアサービス(通所リハビリ)
  3. 小規模多機能ホーム(デイサービス、訪問介護、短期宿泊を組み合わせた施設)