鹿児島市内での高齢者の暮らし

高齢者向け住宅の現状

住み慣れた家で安心安全に暮らせるのがベストですが、身体機能の衰えや、病気などで動きに制約が出たりすれば、自己所有の家ですと家屋の改築、賃貸住宅だと転居を考えなければなりません。いずれもお金がかかります。

車いすが必要になったり重度の障害があると周りの人の協力、行政の支援も必要になります。

住居の選択

今の家に住み続けるのか別の住まいに移るかの選択で考えてみます。

県外から鹿児島に戻る方の参考にもなればと思います。

身体の機能が衰えて普段の生活に不便や危険を伴う場合、対処方法はいくつも考えられます。その際に費用の問題も大きいのですが、当事者の判断の遅れや生活を変えることへの抵抗感も障害になることがあります。

住み続ける選択

山を切り開いて造られた住宅地や山肌に建てられた住宅が多い鹿児島市内ですが、平坦地に住んでいるあなたはラッキーです。外出も苦にならず、毎日のように山形屋まで出かける元気な方やそんな親御さんがいる方はこのサイトの情報は必要ありません。

 

種類と費用

高齢者向け住宅以外の選択

自宅の改造

移転の決断

身体の運動機能に合わせた生活を楽しむ